太平洋コンサルタント株式会社

コンクリート診断・試験、環境分析のご用命は太平洋コンサルタントまで!

製品

固型化材

一例

  • ・プレミックスセメント(セメント系)加工・製造・販売
  • ・セメガラボンド(水ガラス系)加工・製造・販売
  • ・その他 各種セメント系固型化材の加工・製造・販売

低アルカリ性セメントなど

一例

  • ・低アルカリ性セメントの加工・製造・販売

標準試料

一例

  • ・セメント鉱物:エーライト(C3S)、ビーライト(C2S)、アルミネート(C3A、C4AF) 等
  • ・セメント関連水和物
      C-S-H(カルシウムシリケート水和物,Ca/Si比0.8~1.4程度)
      エトリンガイト(Ettringite,3CaO・Al2O3・3CaSO4・36H2O)
      モノサルフェート(Monosulfate,3CaO・Al2O3・CaSO4・12H2O)
      その他、フリーデル氏塩、モノカーボネート等のセメント関連水和物
      純度や合成方法等の詳細につきましては、別途、お問合せ下さい。

保管・処理・処分用容器

一例

  • ・鋼製角型容器の販売
  • ・PIC容器(ポリマー含浸コンクリート容器)の販売
  • ・コンクリート製角型容器の販売
  • ・高強度高緻密コンクリート製容器の販売

放射性物質による汚染物保管用コンクリート製容器

放射性物質で汚染された土壌や汚泥焼却灰等の保管に最適なキューブ状コンクリート製容器を紹介します。

コンクリート製容器の概要

コンクリート製容器は内容積1.6m3と1.0m3の2タイプ、コンクリートの種類は普通コンクリート、重量コンクリートの2種類です。

コンクリート製容器の概要

コンクリート製容器による放射線遮蔽効果

農林水産省と共同でコンクリート製容器による放射線減衰試験を実施しました※。放射性物質に汚染された表土(放射性セシウム濃度:約5万Bq/kg)を詰めたフレコンバッグを、当社製コンクリート製容器に封入し、放射線遮蔽効果を評価したところ、放射線線量当量率が普通コンクリート製容器で約1/10、重量コンクリート製容器で約1/15になることが確認されました。

汚染排土(土壌)収納状況汚染排土(土壌)収納状況

コンクリート製容器外観コンクリート製容器外観

排土(土壌)を封入したフレコンバッグ及びコンクリート製容器の放射線表面線量率※
測定対象 表面からの距離 放射線線量率(μSv/h) 低減率(%)
フレコンバッグ 1cm 上部3.31 - 下部3.85 0
15cm 上部2.92 - 下部3.31 上部11.8 - 下部14.0
普通コンクリート 1cm 上部0.28 - 下部0.38 上部91.5 - 下部90.1
重量コンクリート 1cm 上部0.19 - 下部0.22 上部94.3 - 下部94.3

表中の上部・下部はフレコンバック、容器の同高さ位置の上部4点、下部4点の測定結果の平均値で表示

※平成23年9月14日付農林水産省農林水産技術会議プレスリリース(https://www.affrc.maff.go.jp/docs/press/110914.htm)

遮蔽材

一例

  • ・セメント系遮蔽材料・ブロックの販売

処理・処分用製品

一例

  • ・処理・処分に係る製品の加工・製造・販売

関連する技術はこちら

当ページのパンフレットはこちら

ご相談・ご依頼はこちら