太平洋コンサルタント株式会社

コンクリート診断・試験、環境分析のご用命は太平洋コンサルタントのまで!

温度応力解析

コンクリートの打設の前に、構造形状や使用材料等からひび割れ指数を算出し、コンクリート構造物のひび割れ評価・ひび割れ対策検討を行います。

温度応力解析の必要性

構造物の設計体系が性能照査型へ移行し、これにより設計段階でコンクリートのひび割れ性能を照査することが求められてきました。また、入札でもプロポーザル方式が浸透してきており、3次元FEMによる温度応力解析が、技術点を高める重要なポイントとなっています。
マスコンクリートと定義されている、部材厚さ80cm以上のスラブや上下端が拘束された50cm以上の壁部材等について、温度応力解析を用いたひび割れの事前検討がよく行われます。

山岳トンネル山岳トンネル

開削トンネル開削トンネル

鋼管複合橋脚鋼管複合橋脚

山砂防堤防砂防堤防

水門水門

解析フロー

温度応力解析フロー
温度応力解析解析フロー

対象となる構造物

● ダム
● 擁壁
● ボックスカルバート
● 水利施設
● 高強度コンクリート

対策例

● 配合(セメント種類)の変更
● 施工方法(リフト高さ、クーリング)
● 設計(ひび割れ誘発目地間隔、鉄筋比)
● 打設時期,時間帯

関連する技術はこちら

当ページのパンフレットはこちら

ご相談・ご依頼はこちら