太平洋コンサルタント株式会社

コンクリート診断・試験、環境分析のご用命は太平洋コンサルタントのまで!

強度試験

硬化コンクリートの強度特性値として一般的な圧縮、引張、曲げ強度試験のほかにも、圧縮クリープ、せん断強度、鉄筋付着強度、タフネス(圧縮、曲げ)試験、疲労(曲げ)、破壊エネルギー、接着力試験等を実施いたします。

ご不明な点、試験ご依頼のご相談については、お問い合わせフォームからご連絡ください。

コンクリートの強度試験

項 目 規 格 寸 法
圧縮強度(ISO) JIS A 1108 φ25×50 〜 φ150×300mm
曲げ強度(ISO) JIS A 1106 □40×160〜□150×530mm、製品向け
割裂引張強度 JIS A 1113 φ150×200mm
静弾性係数 JIS A 1149 φ50×100 〜 φ150×300mm
せん断強度 JSCE-G553 □100×400mm 2面せん断
鉄筋付着強度 JSCE-G503 呼び名:D16~D51
タフネス(圧縮、曲げ) JSCE-G551,JSCE-G552 φ100、φ150、□100、□150mm
疲労試験(曲げ) 舗装調査試験法便覧B070T φ100、φ150、□100、□150mm
破壊エネルギー JCI-S-001 □100×400mm
接着力 建研式 □40、φ100mm
コンクリートの強度試験方法

圧縮強度や曲げ強度はISO/IEC17025の試験所として登録されています。

タフネス試験

タフネス試験により圧縮じん性係数や曲げじん性係数を求めます。

圧縮タフネス試験状況圧縮タフネス試験状況

曲げタフネス試験状況曲げタフネス試験状況

せん断強度試験

2面せん断試験により、せん断強度を求めます。

せん断強度試験状況せん断強度試験状況

疲労試験

繰り返し載荷により、コンクリートの曲げ疲労強度を求めます。

曲げ疲労試験状況曲げ疲労試験状況

破壊エネルギー試験

破壊エネルギー試験破壊エネルギー試験状況

鉄筋付着強度試験

鉄筋付着強度試験状況鉄筋付着強度試験状況