太平洋コンサルタント株式会社

コンクリート診断・試験、環境分析のご用命は太平洋コンサルタントのまで!

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

当社の組織図は,以下のとおりです。

組織図

株式会社 太平洋コンサルタント 倫理法令遵守方針

㈱太平洋コンサルタントは,太平洋セメントグループ一員としての社会的責任を自覚し,社会の信頼と期待に応えるために,倫理法令遵守方針に基づいて行動します。
また、重大な企業リスクの予防・低減,および緊急時における損失の最小化を達成できる体制を整備し,コンサルタント会社として良識ある判断と行動に努め、反社会的勢力・団体の不正・不当な要求に応じることなく、健全な企業活動を行います。

  1. 公平性を確保するとともに信頼性の高い成果を提供します。
  2. 社会環境の変化の動向を注視するとともに環境問題に積極的に取り組み,環境保全に努力します。
  3. 一人ひとりがプロの企業人となることを目指します。
  4. 当社のリスクを的確に把握し,リスクが顕在化した場合や法令等に違反する事態が発生した場合には迅速かつ適切に対処するとともに再発防止に取り組みます。
  5. 全ての不正行為を排除します。

情報セキュリティ管理基本方針

㈱太平洋コンサルタントは、事業活動を適正かつ円滑に行う上で、情報セキュリティの確保は重要な経営課題であるとともに社会的責務であると認識しています。
顧客、取引先からお預かりした情報資産および社内の情報資産を保護する指針として、情報セキュリティ管理基本方針を以下の通り定め、役員及び全従業員が本方針を理解し、実践することを約束します。

  1. 情報セキュリティに関する法令、社会的規範を遵守します。
  2. 情報セキュリティについての教育・啓蒙を継続的に実施し、周知徹底に努めます。
  3. さまざまな脅威から情報資産を保護するための適切なセキュリティ対策を講じます。
  4. 情報資産にセキュリティ上の問題が発生した場合、原因を迅速に究明し、被害を最小限におさえるよう努めます。
  5. 情報セキュリティに関する管理体制および取り組みについて、継続的な改善・向上に努めます。
株式会社太平洋コンサルタント
代表取締役社長 石川 雄康

情報セキュリティ管理体制図

事業活動における環境管理

当社は,環境に配慮して健全な事業活動を行うために以下の事項を遵守します。

  1. 業務上発生する排出ガス及び排水等は、適切な方法により含有する有害物を除去し、環境基準、排水基準を満たしたうえで排出します。
  2. 分析作業により生じた廃液および有害物が含まれる試料の廃棄に当たっては、廃棄物の種類に従って適切に分別し、廃棄物処理業者に引き渡します。
  3. 産業廃棄物・特別管理産業廃棄物は、収集運搬・処理の許可された業者を通して、適切に処分する。なお、引渡しまでの期間は安全で衛生的な保管に心がけるとともに、マニュフェストを適切に管理します。

安全衛生

当社では,「安全は全てに優先する」を基本方針として、全ての従業員が安全で健康に仕事を行うことができるように取り組んでいます。
また、本社では車両通勤者が多いことから、千葉県が実施する四季の交通安全運動を推進し、通勤退勤時の交通事故防止に努めています。
毎月行われる全社安全衛生管理委員会において、各事業場や部署ごとに安全上の課題に対し、適切に対処しているかどうかを相互に確認し合う活動を続けています。

内部監査

当社は,「目標管理」、「法令遵守・リスク管理」、「成果物の品質管理」、「安全衛生他日常の管理」の4つの項目に照準をおいて、定期的に内部監査を実施し、潜在的課題の抽出と解決に向けて取り組んでいます。

内部通報制度

当社では、すべての従業員が倫理法令遵守方針、情報セキュリティ管理基本方針及びその他諸規則を理解して行動する企業風土の醸成に努めています。
コンプライアンスに関する疑問や不正につながる状況を感じた場合の相談窓口を設置し、迅速な問題解決を図っています。
また、通報者に対する保護を徹底するとともに、通報しやすいオープンな職場環境づくりを目指しています。