事業内容

熱処理技術 外熱キルン

加熱温度を正確に制御したい、炉内の雰囲気調整を行いたい、不純物(コンタミ)の混入を最小限に抑えたい場合、外熱キルンによる熱処理がお勧めです。

外熱キルンとは?

炉材にステンレス、セラミックスなどを使用し、炉材外部より電気ヒーターで炉を加熱する円筒型回転炉。
中央部に設置された電気ヒーターで炉を加熱させ、炉の傾斜と回転の制御により原料を窯内で移動させ、原料の加熱時間を調整します。

外熱式ロータリーキルンの特徴

1,000℃までの熱処理に対応でき、温度制御は設定値±10℃。
酸化、還元いずれの雰囲気焼成にも対応できます。

外熱式ロータリーキルンの使用例

炉内に着脱式の仕切り板を設置し、バッチ式焼成を実施。
炉内に窒素ガスを流し、強還元雰囲気(炉内の酸素濃度を0.5%以下)に調整し熱処理を実施。

外熱式ロータリーキルンの特長と用途例

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品