事業内容

ダイオキシン類分析

安全な生活環境は、私たちが健康に過ごすために欠かすことのできないものです。当社ではダイオキシン類をはじめとする各種有害物質の環境分析を通じて、常に安全・安心の環境作りをお手伝いします。

含有試験

当社は、特定計量証明事業者認定制度(MLAP)の認定を取得し、千葉県の登録を受け、ダイオキシン類の調査を担う企業として活動しております。

また、環境省が平成21年3月に土壌・底質に対象を絞った「簡易測定マニュアル」を制定したことを受け、このマニュアルに則った測定手法も確立しております。
更に、簡易法に比べても短納期・低廉なオリジナルの迅速法も確立しております。

必要に応じて公定法と組み合わせることで、廃棄物処理関連施設における自主管理、土壌・底質の調査・対策工事の円滑化、工期短縮等にお役立ていただけるものと思います。

MLAPの認定

MLAPの認定

高分解能ガスクロマト質量分析計

高分解能ガスクロマト質量分析計
(ダイオキシン類分析用)

ダイオキシン類分析の公定法、簡易法、迅速法の比較

PCBs、ヘキサクロロベンゼン、ベンタクロロベンゼン分析

環境中での残留性が高いPOPs( Persistent Organic Pollutants、残留性有機汚染物質)については、国際的に協調して廃絶、削減等を行う必要があることから、2001年5月、「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約」が採択されました。

[1] 製造、使用の原則禁止(アルドリン、クロルデン、ディルドリン、エンドリン、
   ヘプタクロル、ヘキサクロロベンゼン、マイレックス、トキサフェン、PCB)
   及び原則制限(DDT)
[2] 非意図的生成物質の排出の削減(ダイオキシン、ジベンゾフラン、ヘキサク
   ロロベンゼン、PCB)
[3] POPsを含むストックパイル・廃棄物の適正管理及び処理
[4] これらの対策に関する国内実施計画の策定
[5] その他の措置

弊社ではダイオキシン類分析の技術を活かして、非意図的生成物質でその削減・根絶が求められている「PCB」「ヘキサクロロベンゼン」「ペンタクロロベンゼン」についても、その測定方法を確立しています。

その他、各種環境測定分析のご要望がございましたら、まずはご相談ください。

高分解能ガスクロマト質量分析計
(POPs、ダイオキシン類迅速分析用)

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品