事業内容

実体顕微鏡・偏光顕微鏡

pdf資料

実体顕微鏡や偏光顕微鏡による観察は、骨材に使用されている岩石やその構成鉱物を特定するとともに、コンクリート中におけるアルカリシリカ反応(ASR)の進行状況を評価する方法です。

偏光顕微鏡では、そのほかに様々なものを同定したり観察することができます。

偏光顕微鏡

偏光顕微鏡

実体顕微鏡

肉眼や実体顕微鏡では、骨材を構成する岩石の種類やコンクリート組織などを観察します。粗骨材の岩種構成やASRの発生に伴う反応リム・ゲル滲出・反応性骨材粒子あるいはコンクリートに生じた膨張ひび割れの予備観察も、ここで行います。これらの観察は、引き続き実施される偏光顕微鏡下での観察範囲を決定するために重要な工程です。

実体顕微鏡

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品