事業内容

赤外線分光分析

pdf資料

赤外線分光分析とは、赤外線吸収現象に基づき物質を構成する構造(結合、官能基など)を特定する方法であり、物質(特に有機物質)の定性分析が可能です。コンクリートでは、表面の変色や汚れなどの原因物質の特定、有機系材料(剥離剤、流動化剤など)の有無や種類の確認などに利用されています。

分析試料調製の手順

分析試料調製の手順

分析結果の一例

被検試料(実線)と比較物(破線)を比較しました。↑を付したメチル基、メチレン基による吸収を始めとして、二つのスペクトルはほぼ一致しており、同じ物質と判断されました。なお○を付した吸収ピークは水分子によるものであり、被検試料と比較物でピークの大きさに差があるのは、両者の含水率の違いによると思われます。

  • 装置の外観

    装置の外観

  • KBrの結晶とペレット

    KBrの結晶とペレット

分析試料調製の手順

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品