事業内容

硬化コンクリートの容積変化試験

pdf資料

硬化コンクリートの物理的性質として、各種強度のほかに、変形性状(静弾性係数、動弾性係数、クリープ試験)や体積変化(乾燥収縮・自己収縮・拘束膨張)などが測定可能です。

変形性状・体積変化

コンクリートの変形性状・体積変化

項目 内容 試験法
静弾性係数 静的過重時の応力とひずみの関係
横ひずみ測定によりポアソン比算出可能
コンプレッソメータ法、ひずみゲージ法
動弾性係数 動的な応力とひずみの関係
静弾性係数よりやや大きい
たわみ振動や縦振動等による一次共鳴振動数から算出
クリープ試験 一定荷重時のコンクリートのひずみ JIS A 1157
乾燥収縮 水の逸散により生じる硬化コンクリートの収縮量 コンタクトゲージ法、コンパレータ法、ダイヤルゲージ法
自己収縮・
硬化収縮
セメント水和時の体積変化に伴うコンクリートの収縮 JCI-SAS2、3 埋め込みゲージ法
拘束膨張試験 拘束状態における膨張量を測定 JIS A 6202 付属書2 膨張コンクリートの拘束膨張及び収縮試験

乾燥収縮試験

乾燥収縮供試体保管状況

乾燥収縮供試体保管状況

JCI「収縮問題検討委員会」では、年1回程度の乾燥収縮の測定が推奨されています。弊社ではコンクリートの乾燥収縮試験(JIS A6204 および JIS A 1129-2)の、ISO/IEC17025の登録事業者となっており、JIS Q 17025 JNLA標章付き試験報告書を発行することができます。

自己収縮・硬化収縮

自己収縮の測定状況(埋込ひずみ計の例)

自己収縮の測定状況(埋込ひずみ計の例)

自己収縮測定には、端部に測定端を埋め込み変位を測定する方法と、埋込ひずみ計を用いる方法があります。

クリープ試験

クリープ試験状況

クリープ試験状況

持続荷重を受け続けると、時間の経過とともにクリープひずみを測定します。φ100×200mm用(200kNタイプ15セット)とφ150×300mm用(500kNタイプ6セット)があります。

拘束膨張試験

拘束膨張試験装置

拘束膨張試験装置

拘束棒と拘束端板を一体とした拘束器具にコンクリートを打設して、拘束状態における膨張や収縮量を測定します。膨張のみを対象とするA法と膨張と収縮を対象とするB法があります。

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品