事業内容

ポップアウト

pdf資料

ポップアウト片とその頂点に残存する核

ポップアウト片とその頂点の反応物質核

ポップアウトは、コンクリート中に膨張物質(CaO、MgO、硫化物、吸水性粘土鉱物等) の粒子が混入し、局所的な力が加わることにより、表層部が円錐状に剥離する現象です。粉末X線回折や光学顕微鏡、電子顕微鏡により、ポップアウトの核を分析し、原因物質の種類を特定することができます。

核の粉末X線回折結果

マッピング分析結果

電子顕微鏡による観察像とマッピング分析結果

  • 反射電子像

    反射電子像

  • MgOのマッピング分析結果

    MgOのマッピング分析結果

核がごく微量で、粉末X線回折を行うことが不可能であっても、電子顕微鏡による観察や分析で、種類を特定できることがあります。この例では、核が酸化マグネシウム(MgO)であることが分かりました。MgOもまた、水和により膨張するため、ポップアウトの原因となります。

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品