事業内容

塩害

pdf資料

塩害とは、コンクリート中の塩化物イオンにより鉄筋の腐食が促進される現象です。コンクリート中の塩化物イオン濃度や拡散係数を求めることは、鉄筋などの鋼材腐食の進行度評価や今後の劣化予測のために重要です。

塩化物含有量測定方法

塩化物含有量の測定方法には、コンクリートコアをスライスして、表面から塩化物イオンの濃度を湿式分析で測定する方法と、EPMAを用いて塩化物イオンの濃度分布を連続的に測定する方法があります。

湿式分析による方法

1.湿式分析の手順

コア法では採取したコンクリートコアを乾式カッターで1~2cmにスライス、粉砕して、塩化物イオン濃度を測定します。ドリル法では表面~2cm、2~4cm、4~6cmと深度別にドリル粉を採取します。

コア法の試験手順

2.湿式分析の方法

規格番号 試験方法
JIS A 1154 硬化コンクリート中に含まれる塩化物イオンの試験方法
JCI-SC5 硬化コンクリート中に含まれる全塩分の簡易分析方法

EPMAによる方法

EPMA(電子線マイクロアナライザー)では、高い分解能力によりスライス面の塩素イオン濃度を面分析するため、連続的な塩分濃度の分布や塩分の濃縮を測定することができます。また、ひび割れ周辺の浸透状況を観察することもできます。最大8×8cmの試料を一度に測定できます。

EPMAとは

電子線マイクロアナライザー(Electron Probe Micro Analyzer)の略で、細く絞った電子ビームを試料に照射し、そのときに発生する二次電子、反射電子および特性X線を検出し、微小部の形状、組成、元素濃度の情報を得る装置です。

電子線マイクロアナライザー

塩化物イオン濃度分析測定例

当ページのPDF資料ダウンロードはこちら

東京営業所用 資料DW
西日本営業部用 資料DW
資料DW一覧

お問い合わせ・依頼書のダウンロードはこちら

ご質問・資料請求など、お気軽にお問い合わせ下さい。

tel.03-5820-5603

お問い合わせ
依頼書をダウンロードできます。
依頼書一覧

事業内容

3.セメント・コンクリート・
コンサルティング

8.放射性廃棄物処理に関する
研究・製品